ジェネリック医薬品というのは聞いたことがあったけれど、今日、TVで
「ジェネリック家電」という言葉を初めて聞きました!!

ジェネリック家電って、何?特許切れの機能を使った家電製品なの?と思って
調べてみたら、ウィキペディアには、『技術的には大手メーカーと同等の部品を使いながら、
過剰な機能を落とし低価格を実現した家電商品』 とありました。
そして、具体的には、『一般家電よりも機能を少なくし低価格を実現』してあるのだそう!
そんなものが、あったんですね。買う人にとっては、うれしい限りですね。

そしてTVでは、今年のおすすめのジェネリック家電の扇風機とか炊飯器、
オープンなどを紹介していました。確かに、よりコンパクトで、余分な機能はなく、
でも便利そうな機能がついていたりして、魅力的な家電が多かったです。
狭い部屋やシングルでたくさん物を持ちたくない人に向いているかも、と思いました。

ジェネリック家電を作っているメーカーは、アイリスオーヤマ、船井電機、オリオン電機、
YAMAZEN、テスコム、コイズミ、トヨトミ、ツインバード工業、朝日電器、
SIROCAなどなど、ああるようです。

ただ、同じような、本当のメーカーのより高い製品がむやみに高いわけではなく、
ついているといい機能がさらに付いていたり、故障した時の保障が手厚かったり、
メリットも多いそうです。だから、むやみに安いものを買おうということではなく、
きちんと両方を比べてから買ったほうが良さそうです。

電気製品は、万が一の故障があれば火事などにもつながるものだから、
使う時も、充分気をつけましょう。
でも、これから何か買いたい時には、ジェネリック家電のチェックもしたいですね!